骨盤底筋の働きが低下するのを防ぐ膣を引き締める方法

尿漏れや頻尿対策

レディー

様々なトラブルが起こる

骨盤底筋(こつばんていきん)は、骨盤の下のほうにある筋力です。尿道や膣付近で内臓を支えている、インナーマッスルの一種です。しかし、出産が原因で骨盤底筋が伸びてしまい、筋肉としての働きが低下することがあります。骨盤底筋の低下は、様々なトラブルを引き起こします。よくありがちなのが尿漏れや頻尿です。骨盤底筋は尿道付近にあるので、筋力が低下すると尿道の引き締め効果が弱くなり、尿が出やすくなります。尿漏れや頻尿が頻繁に続くとそれがストレスになって外出するのも嫌になったりします。また、膣の引き締め効果がなくなることで生理痛の原因になる場合もあります。さらに内臓がおりてくることで、お腹が出たり、姿勢が悪くなったりします。

ケーゲル体操で鍛える

様々なトラブルの原因になる骨盤底筋の低下ですが、ストレッチで鍛えることが可能です。骨盤底筋のストレッチは、椅子に座ったり、立ったり、仰向けに寝たりしながらできます。まず肩の力を抜いてリラックスした状態になります。次に息を吸いながら膣に力を入れて引き締めていきます。その後息を吐きながら力を弱め、元の状態にします。これはケーゲル体操といって、世界中に広まっているオーソドックスな骨盤底筋のストレッチです。ケーゲル体操は、骨盤底筋に意識を集中して行うのがコツです。膣やお尻の穴を引き締めるように力を入れれば、骨盤底筋が動きます。普段動かさない筋力なので、簡単なようでいて最初は難しいです。しかし、慣れてくるとコツを掴むことができます。

お尻

人に言えない悩みを解決

膣やその周囲は出産後や加齢により緩んで、自分で引き締めることが難しくなります。膣を引き締めるためのトレーニングもありますが、専門のクリニックで治療を受けることで効果的に治すことができます。治療方法はいくつかありますが、メリットとデメリットを理解した上で自分が望む治療方法を受ける必要があります。

困る婦人

性生活の改善になる

膣の引き締めは簡単なトレーニングで解消できます。例えば入浴時にできるものもあれば、食生活を気遣うことで解決することもできます。子宮脱などのトラブルを防ぐことに役立つだけでなく、コンプレックスの解消にも役立ちますので実行してみられるといいでしょう。

ヒップ

女子特有のコンプレックス

大なり小なり世の女性は自分の肉体にコンプレックスを強く抱いています。分かりやすいコンプレックスは他人にカミングアウト出来ますが、膣などのデリケート過ぎる部分は相談出来ず、一人で悩みを抱えやすいです。また本人が問題に気づかず、パートナーから引き締める力が弱い、と指摘されて発覚するケースもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加