骨盤底筋の働きが低下するのを防ぐ膣を引き締める方法

女子特有のコンプレックス

ヒップ

身体に劣等感を抱く女性

身体に関する悩みを密かに抱え、人知れず頭を痛める女性は少なくありません。体重が最近増えてきた、女友達よりも身長が低いのがコンプレックス等、劣等感を感じる部分は十人十色です。また一般的な身体の部位の悩みであれば、姉妹や女友達に改善策を気軽に質問する事が出来ます。しかし一方でデリケートな部分に関する悩みは、なかなか面と向かってカミングアウトする事が出来ません。具体的には女性器の問題等です。出産を経た女性は膣がどうしても緩みます。膣の圧力が低下すると、本人は引き締めているつもりでも、いまいち下半身に力が入らず、色々な体調不良が生じてきます。生理痛の悪化、尿もれの頻発、性生活の質が低下する等、膣圧の低下は想像以上に深刻であり、引き締め対策を考えなければいけません。

自分では気づきにくい難点

また膣は普段はあまり見ない場所です。本当は引き締め対策が必要にも関わらず、本人がそれを自覚出来ないパターンも珍しくはありません。パートナーから膣圧の低下を指摘されて初めて自分に引き締め対策が必要なんだ、と発覚するケースも多いです。生々しいお話ですが、膣の圧力が低下し、女性器が引き締める力をかなり失うと、それが遠因となり、セックスレスや妊活失敗に繋がります。出産した後は膣の様子が以前と代わっていないか要チェックです。ある程度、育児が一段落し、心身のコンディションが落ち着いてきたら、性生活を普通に再開しましょう。性生活を出産前のように、普通に行う事もまた引き止め対策になります。女性器もまた筋肉で構成されている部分があり、長期間使わないでいると、力が低下していき、元通りにならなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加